出来る場所によって違うニキビの特徴

年齢や体質によって、体中の様々なところに現れるニキビですが、それぞれに特徴があります。
部位別の特徴を把握して、適切なケアをしていくことが大切です。

 

口回りやあごのニキビ

男ニキビにとって、口回りやあごは素晴らしい環境です。
なぜかと言うと髭の生える場所は男性ホルモンが活発に働き、皮脂の分泌量が多いからです。

 

また、ひげを剃ることで荒れやすいだけでなく、手で触って雑菌を付けてしまうことが多い部位です。
まさに「男ニキビ多発地帯」と言えるのではないでしょうか。

 

どちらかと言えば大人になってからニキビが現れやすい場所です。

 

 

おでこのニキビ

おでこはもともとTゾーンとして皮脂分泌量の多い場所です。

 

特に思春期に多いおでこのニキビは、
成長ホルモンの影響で一時的にホルモンバランスが崩れた事による
過剰な皮脂分泌が原因となることが多いです。

 

また、髪型の影響は大きなポイントですね。前髪の直接の刺激や整髪料の影響はもちろんのことですが、
洗髪時のシャンプーやリンスの残りも男ニキビの原因となることを忘れてはいけません。

 

 

頬のニキビ

思春期に多く、炎症が大きくなりやすい場所です。

 

成長ホルモンのバランスの崩れによる過剰な皮脂分泌や、
食生活や睡眠時間などの乱れの影響が出やすいのです。

 

頬は太陽光線に当りやすく、思っている以上にその影響を受けるので、
紫外線のケアも重要なポイントになります。

 

 

首のニキビ

首はどちらかと言えば大人によく見られる部位です。

 

社会生活上のストレスやホルモンバランスの乱れ、生活習慣、
紫外線に因る外的な刺激などが原因です。

 

衣服の擦れが原因になっている場合も少なくありません。
まずは生活習慣の改善により皮脂分泌を正常化させましょう。

 

 

背中のニキビ

背中は自分では見えない部位であることで気にならない場合が多いのですが、
逆にそのために悪化させて大きなニキビ跡までたどりついてしまうことが多い部位です。

 

顔と同じく皮脂腺が多い場所なのに清潔に保つことが難しいので、
入浴時には、より気をつけてケアするべきです。

 

シャンプーやリンスは思った以上に背中に残っているので、常にそれを気にして背中を洗いましょう。

 

 

頭皮のニキビ

皮脂の分泌が盛んな頭皮は、見えにくいのでケアも遅れてしまいがちです。
最初に考えなければいけないポイントは、シャンプーやリンスの洗い残しです。

 

また、皮脂を落とす為に、シャンプー時に強くゴシゴシとこすったり何度も洗ったりするのは、
肌本来の脂を取り去り、急激に皮脂が分泌される事につながるので全くの逆効果です。

 

頭皮を傷つけないように指の腹で洗い、しっかりとすすぎ洗いを行うことが大切です。

 

 

お尻のニキビ

お尻は顔と違い、下着や衣服の擦れであったり、
椅子に座る為に刺激や蒸れがあったりと、周辺の環境によってニキビのできる要素が多いですね。

 

常に刺激にさらされている上、
その刺激を日常生活の中で取り去ることが難しいので、気長な対処が必要です。

 

まずは清潔に保つことはもちろんのこと、
下着をシルク素材にしたり、種類やサイズを替えてみて、蒸れや擦れが少ない状態を目指しましょう。