アクネ菌がもたらす肌への影響

ニキビというのは皮脂が毛穴に詰まって問題になる状態のことなのですが、
それを赤ニキビという炎症状態にまで発展させてしまうのは、皮膚の常在菌の過剰な繁殖によるものです。

 

アクネ菌の役割

私達の体には、様々な菌が住みついています。
「菌」だからと言って体に悪いものばかりではなく、むしろ様々な役割を果たす菌も多いのです。

 

例えば有名なビフィズス菌はヨーグルトに入っているだけでなく、
元から全ての動物の腸の中に住み付いて、腸内環境を整える役割をしています。

 

 

そういった常在菌の中で、肌に住み、ニキビの原因として良く知られているのが「アクネ菌」です。
では、アクネ菌を全て取り去ることができればニキビはなくなるのでしょうか?

 

もし仮にそれができたとしても、肌にとっては良いことではありません。
なぜならアクネ菌は皮膚を弱酸性に保ち、
外部からの病原菌の攻撃を抑えるバリアーを作ってくれる大切な存在だからです。

 

 

肌の健康を守る為には、欠かせない常在菌のひとつなのです。
ところが、欠かせない常在菌とはいえ、数が多すぎるのは問題です。
このアクネ菌は条件によっては過剰に繁殖してしまい、肌のトラブルにつながります。

 

アクネ菌が増える条件

毛穴の中に住むアクネ菌は、皮脂を栄養源としています。
そして、もうひとつの特徴として、空気を嫌う点が挙げられます。

 

アクネ菌を増やすには、閉ざされた場所に皮脂を詰めてあげればいいーつまり、
毛穴が詰まって、内部に皮脂が溜まる状態がアクネ菌の繁殖には最も適した環境ということなのです。

 

逆に言えば、皮脂がたまらない状態を保つことが、アクネ菌を健全な数に抑え、
肌の健全な状態を保つ役割を果たさせることになるのです。

 

その他の常在菌

ニキビを引き起こす毛穴の常在菌には、アクネ菌だけでなく、
マセラチア菌というカビの一種や、顔ダニ、ニキビダニなどがあり、どれもが皮脂が大好きです。

 

健康な肌のバランスが崩れて皮脂が過剰に分泌されることで、
こういった常在菌が過剰に繁殖し、ニキビを引き起こす要因となっています。