毛穴の詰りによるニキビ

ニキビができる原因は何らかの条件により、皮脂が毛穴から出られずに溜まった状態から始まります。
では、毛穴が詰まるとは、どういう状態のことをいうのでしょうか?

 

角栓

おそらく多くの方の頭に浮かぶのが、「角栓」という言葉でしょう。
角栓取りパックの商品でおなじみですね。
また、爪で押し出すとニュルリと出てくるのを試したことがある方も多いと思います。

 

この角栓というのは、肌が乾燥して角質が固くなったり、
皮脂と不要な角質が混ざり合ったりして、毛穴の入り口にたまった状態のことで、
まさに毛穴を詰まらせる張本人といえます。

 

 

角栓取りパックは気持ちがよいものですが、角栓だけでなく、
肌に必要な脂も取り去ってしまう為、余計に皮脂が出ることになります。これでは、本末転倒ですね。

 

特に毛穴が炎症を起こしていたりすると
皮膚には大きく穴が残ったりしますのでく避けた方がよいでしょう。

 

それを防止する為には皮膚が再生する力を高め、
皮脂が排出されやすく角栓が出来にくい肌を作る必要があるのです。
つまり、肌の力を高めバランスを整えることが、角栓を無理に除去するよりも大切なこととなります。

 

 

過剰な皮脂分泌

角栓以外にも、毛穴を詰まらせる原因はあります。

 

毛穴の奥にある皮脂腺からの皮脂の分泌量が多すぎ、
小さな毛穴から排出できる限界量を超えてしまう場合です。

 

排出しきれない過剰な皮脂は、毛穴の内部にたまる状態になります。
この皮脂の分泌には男性ホルモンの影響や、生活習慣が大きく関わっています。

 

 

肌の新陳代謝

また、皮膚の新陳代謝がうまくいかないと、
毛穴の出口の狭い部分が固くなり、狭くなります。

 

通常では古くなった細胞から順番に剥がれ落ちていくのですが、
この角化異常によって皮脂が毛穴から出にくくなります。
そして皮脂が毛穴の中にたまってしまうのです。

 

 

皮膚の細胞は28日周期で生まれ変わっているのですが、生活習慣によって新陳代謝が衰えます。
例えば、皮膚を作る栄養を摂取できていなければ、当然の事ながら健康な肌細胞は作られません。

 

また、十分な睡眠も肌の新陳代謝には大切です。
夜は肌細胞の合成や活性酸素の消去が行われますのでしっかり睡眠を取る事は重要なのです。
逆に言うと、栄養バランスの偏りや睡眠不足が、毛穴を詰まらせる原因となっていると言えます。

 

こういった毛穴の周りで起きる問題により、どんなニキビも小さな白ニキビからスタートするのです。