ニキビが出来やすい肌はこんな人

ニキビができる最初の段階は毛穴での皮脂の詰まりです。

 

その皮脂により、肌の常在菌が過剰に繁殖するのですから、誰でもニキビに悩む可能性はあるわけです。
それでは、ニキビができやすい人の肌とできにくい人との差はどんなところにあるのでしょうか?

 

皮脂のあふれるオイリー肌

ニキビができやすい人の代表例は、当然のことながら、
皮脂の分泌が激しいオイリー肌の人です。

 

肌質は遺伝的な要素が強く、
オイリー肌でニキビに悩んだ経験がある両親を持つ子供は
比較的ニキビに悩むことが多いようです。

 

乾燥肌でも毛穴が小さいとニキビは出来る

乾燥肌なのにニキビができやすいという人もいます。
この原因は思春期の毛穴と皮脂の量のバランスと一緒です。

 

分泌される皮脂の量に比べて毛穴が小さい為に排出がスムーズに行かずに詰まり、
炎症をおこすのです。

 

ちなみに、男性の皮脂量は女性の2.5倍ともいわれていますが、
そこまでニキビのできやすさに違いは見受けられません。
男性の毛穴は女性よりも大きいために、皮脂が排出されやすいからなのです。

 

思春期から10代後半にかけて

オイリー肌でなくとも、人生の中で誰でもオイリー肌に傾くのが思春期です。
しかし、実は皮脂の分泌が最も多いのは25歳のころなのです。
それなのにニキビに悩むのは10代後半なのはなぜなのでしょうか?

 

これは、毛穴の大きさが違うからです。
男性は、子供の時には肌がツルツルとしていますが、
思春期を迎えるとひげが生えたり、ひげ自体が太く濃くなりますよね。

 

ひげが太くなるということは毛穴も大きくなるということです。
毛穴が大きくなることで、皮脂を外に送り出しやすくなるのです。

 

つまり、思春期の肌は毛穴が小さいために、
皮脂がどんどん増えていくのにも関わらず毛穴が小さいために、皮脂が詰まりやすくなるのです。
ある時期を過ぎると毛穴が広がるので、20代の肌は思春期に比べてニキビになりにくいわけです。

 

 

オイリー肌じゃない人も油断禁物

このように、オイリー肌はニキビができやすいのは当然なのですが、
肌質だけでニキビができたり、できなかったりするわけではないのです。

 

皮脂の出る分量と、その部分の毛穴の状態とのバランスが悪い場合に、
皮脂が詰まりニキビができるというわけです。