男性ホルモンが引き起こすニキビについて

ニキビを引き起こす原因のひとつに、皮脂の過剰な分泌があります。
この皮脂を分泌させるのに深い関係があるのが男性ホルモンです。

 

男性らしさに影響する男性ホルモン

「ホルモン」とは、体内において特定の器官で合成・分泌され、
血液など体液を通して体内を循環し、
生体内の特定の器官の働きを調節するための情報伝達を担う物質のことをいいます。

 

 

その中でも、男性らしい体の形成を促す働きをするホルモンを総称して「男性ホルモン」と呼びます。
これは、主に男性の睾丸で作られ、体のいろいろな所に作用します。

 

ちなみに、男性ホルモンと言っても、女性の体では卵巣でも作られています。また、
同じように男性の体の中でも女性ホルモンが作られています。

 

 

ニキビが多い思春期とは子供から大人の男に体が変化する時期です。
この時期に男性は、声変わりをして、体毛や髭が増え、性器が発達し、筋肉や骨格がしっかりしてきます。
これは血中の男性ホルモンが急激に増えた結果起きるのです。

 

そしてそれに付随して男性ホルモンはある働きをします。

 

男性ホルモンで皮脂が増える

男性ホルモンには男らしい体を造る働きだけでなく、皮脂の分泌を促す働きがあるのです。
思春期に増える男性ホルモンによって皮膚にとって過剰な皮脂が分泌され、
毛穴がつまり、思春期ニキビを引き起こすというわけです。

 

思春期だけでなく、男性にオイリー肌が多いのは男性ホルモンが女性よりよく働いているためなのです。

 

男性ホルモンの分泌は思春期が終わるとほぼ一定に保たれます。

 

つまり、青春のシンボルであるニキビは、
やはり男性が大人になる過程では誰にでも起きる現象なのです。

 

ただし、ケアする事でニキビは改善しますから、
男子ホルモンが活発に作られる思春期のニキビを改善するためには、
皮脂が過剰に出ている事を理解した上でのケアが大切になります。