ニキビが出来た毛穴のケア方法

ニキビに悩む皆さんにちょっと確認していただきたいことがあります。

 

いつも同じ場所にニキビができていませんか?
というよりも、同じ毛穴にニキビができていないでしょうか?

 

ニキビで弱っていく毛穴

ニキビは毛穴のトラブルです。
一度ニキビができると毛穴は治癒力が弱まり、
ちょっとした刺激にも反応して、炎症を起こしやすくなってしまうのです。

 

また、肌表面は落ち着いて治ったように見えても、
肌の下ではまだトラブルが完治していない場合もあります。

 

 

炎症が酷く、肌に負担がかかった経験があればある程、
その毛穴にはニキビが再発しやすくなっているのです。

 

一度出来た毛穴へは十分なケアを

同じ毛穴にニキビを作らないためには、
炎症が治まっても油断することなく、ケアを継続することが重要です。

 

もちろん、ニキビを予防する生活習慣を続けるのは当たり前なのですが、
特にニキビが目立たなくなった部分をよく観察し、よい状態になるように心がけて下さい。

 

 

ただし、顔の一部を気にすることにはデメリットもあって、
どうしても指でその部分を触ってしまいがちになります。

 

顔に手で触れる事は雑菌を付けるだけでなく余分な刺激となって炎症を起こす恐れもありますので、
触らないように十分に気を付けましょう。

 

 

最初は単に皮脂の詰まりだった毛穴も、
中途半端な治療を繰り返すことでニキビ用の毛穴に変わってしまい、
その解決には長い時間がかかることになってしまいます。

 

傷んだ肌が治癒するために、皮膚の細胞が完全に入れ替わるのには約4週間ほどかかります。
つまり、一つニキビが治ったように思えても、最低4週間は同じ場所をよくケアしなければならないのです。
ニキビが同じ毛穴にできるということは、肌が弱るとトラブルを引き起こすことの証明でもあります。

 

 

人間の肌は正直です。ニキビは適切なケアを続けることで必ず治りますから、
ポジティブな気持ちで対処していきましょう。
気持ちをポジティブに持つことで、ストレスを少なくし、更にニキビの改善には役立ちますよ。