ニキビのケアができない男は、仕事ができない?

肥満率の世界一を常に争うアメリカの中でも、
ビジネスエリート達に肥満がいないという話をご存知でしょうか? 

 

世界のビジネスエリート達にとっては、
肥満や喫煙習慣というのは自己管理ができていない事の証明であり、象徴なのです。

 

その為に、仕事にベストな状態で取り組める、自分の健康管理というだけでなく、
仕事上での不利を減らすためにも、積極的にジムに通い、
健康な肉体を作り上げよい仕事ができるようにしているのです。

 

ニキビは仕事に不利?

人と会うときに一番最初に目に入るのは顔ですね。
社会的な印象をよくするためにはキレイな肌の方であるに越したことはありません。

 

ニキビは原因がはっきりしていて、ケアにより改善できる病気です。
つまりニキビを残しているビジネスマンは、肥満や喫煙と同じように、
努力を怠っているのではないかと見られる恐れがあります。

 

 

特に、生活習慣の乱れから悪化する要素が大変多い病気ですので、
ニキビを残すということは自己管理能力の欠如を疑われかねないのです。

 

また自分自身もニキビがあることで自信をなくし、対人交渉を回避しがちになるかもしれません。
営業やプレゼンの場で堂々と自分の能力を発揮するためにも、肌のコンディションを整えておきたいものです。

 

前向きにニキビを治し、良い人生につなげる

ただし、今ニキビがある事を悩むことで、
そのストレスでニキビが悪化させては元も子もありません。

 

ストレスにより、それと戦うための男性ホルモンの働きが活発になります。
ニキビにストレスは厳禁なのです。

 

必ず改善できると信じてニキビ対策に取り組んで行きましょう。

 

仕事ができる男は、ニキビも治療できるのです。キレイな肌の男は、
ビジネスでの不快感を与えないのはもちろんのこと、女性に好かれるのも当然といえるでしょう。

 

「ニキビを治せた私は、仕事もできて、女性にモテる!」。
そんなセルフイメージを持って、前向きに治療して行くことがニキビ治療の近道なのです。