ニキビのできる場所と症状について

「青春のシンボル」と言われ、思春期に多い症状と思われていますが、
実際は20代後半から30代の方で大人ニキビに悩む方が目立っています。

 

 

忙しい現代ビジネスマンの生活習慣の乱れが、
そんな大人の男ニキビに影響していることは否めません。

 

そもそも、誰もが一度は悩むニキビとは、実際はどんな状態なのでしょうか?

 

ニキビが出来る場所

顔を中心に体中の様々な箇所にニキビの症状は現れますが、
具体的な場所は、ズバリ毛穴のある場所です。

 

 

この毛穴の中や周辺で起きるさまざまな要因によって、ニキビができるのです。

 

私達の皮膚のありとあらゆる場所には毛穴があります。
この穴は毛が出てくるだけでなく、皮脂腺とつながっていて、せっせと皮脂を作っています。
そして、皮脂は肌表面を潤すために、毛穴を通して肌の外に送り出されるのです。

 

皮脂の役割

ニキビに関しては悪者扱いされがちな皮脂ですが、
「天然のクリーム」とも呼ばれ、肌にとっては欠かせない役割を果たしています。

 

 

皮脂は中性脂肪や、ワックス、スクワレン、コレステロールなどで出来ていて、
肌表面に皮脂膜を作ります。これにより、外に向かって体内の水分の蒸発を防ぎ、
内に向かって侵入しようとする体外の細菌を防ぐ大事な役割を果たしているのです。

 

 

さて、体外からの細菌とは別に、皮膚には必ずある種の細菌が存在します。
「常在菌」と呼ばれるこれらの菌は毛穴の奥に隠れていて顔を洗ってもそう簡単には落ちません。
ニキビと言えば真っ先に頭に浮かぶ有名な「アクネ菌」もその一種です。

 

 

この常在菌はバランスの保たれた皮膚であれば、
健全な活動をして、むしろ肌を整える役割を果たしています。

 

 

しかし、肌のバランスが崩れて皮脂が過剰になると、
それを栄養源とする常在菌の過剰な繁殖を招き、皮膚に悪さをするのです。

 

ニキビの段階別の症状

皮脂腺から分泌される皮脂は、健全であれば毛穴から肌の上に広がりますが、
肌の状態と皮脂分泌のバランスが悪いと毛穴の中にたまります。この状態を「コメド」といいます。
ニキビはこのコメド状態から始まり、段階によって様々な症状があります。

 

 

第一段階は、白ニキビ。出口を失った皮脂が肌の下にたまり、ふくれてきます。
白く透けて見えるのは皮脂と角質が混ざったものです。

 

 

そして、次の段階が黒ニキビです。
浮き上がった皮脂が毛穴を広げて顔を出し、酸素に触れると酸化して黒くなります。
目立ちますし、色素沈着の原因にもなります。

 

 

毛穴にたまった皮脂を栄養源に細菌が過剰に繁殖しすると、いよいよ炎症を起こします。
肌が赤く腫れるので、これを赤ニキビと言います。

 

 

さらに炎症が酷くなると、膿や痛みを伴います。
このような膿がたまった黄ニキビにまで病状が進行したら、
自分で出来るスキンケアだけで治療するのは難しいので、早めに医師の診断を受ける事をお勧めします。