太陽の光がニキビに効くって本当?

日光浴をするとニキビがよくなるという話を聞いた事がありませんか?

 

最近この話を聞かないのは、
その効果以上に太陽の紫外線が有害であるというのが一般常識になってきているからなのですが、
昔はニキビの改善方法として知られていました。

 

 

この話は怪しげな民間療法というわけではなく、ちゃんとした裏づけがあるのです。

 

太陽の光がアクネ菌を殺す

ニキビの原因となるアクネ菌はポルフィリンという物質を持っています。

 

そして、この物質は太陽光線の中の可視光線の一部に反応して活性酸素を発生させるため、
アクネ菌は自ら出した活性酸素により死んでしまうのです。

 

日光浴によりこの仕組みが上手に働くのでニキビによいという説になったわけです。

 

太陽光のデメリット

しかし、アクネ菌を死滅させる作用があったとしても、
太陽光線はニキビの少ないきれいな肌を作るにはデメリットの方が多いと言ってもいいでしょう。

 

 

太陽光線は目に見えない紫外線と赤外線、
そして目に見える可視光線に分ける事ができます。

 

アクネ菌を自滅させるのは可視光線なのですが、
目に見えない紫外線が肌に与える悪影響は広く知られるようになりました。
今ではUVケアをすることは、女性だけでなく男性でも一般的になりました。

 

紫外線がもたらす肌への悪影響とは

紫外線は肌を日焼けさせるものですが、
肌表面の色が濃くなるというだけでなく、様々なトラブルを引き起こしているのです。

 

 

肌の奥に働きかける紫外線の中のA波は、コラーゲンやエラスチンを破壊し肌を老化させる作用を持っています。
健全なバランスが取れなくなった肌は、皮脂とのバランスによりニキビが出来やすくもなります。

 

また、紫外線を浴びることで、
シミやほくろの原因となるメラニンを作り出す色素細胞が活発に活動します。

 

 

肌を守るために皮脂が分泌されるのと同じように、メラニンを作り出して肌を守ろうとするのです。
肌の代謝が健全であれば、できたメラニンは分解されて排出されます。

 

 

しかし、ニキビの炎症により増えた場合には、残念ながら代謝機能が弱まっているために、
ニキビだけでなく、シミにまでなりやすいのです。

 

つまり、ニキビのない健康な肌の為には、やはり紫外線を含む太陽を浴びるのはタブーというわけです。

 

ちなみに、病院でのニキビ治療に使われるPDTやクリアタッチと呼ばれる治療法は、
この可視光線とポルフィリンとの反応を利用したものです。

 

これらは、紫外線を含まないので皮膚に与えるダメージや副作用が少なく、
費用も他の治療法と比べて安価なために注目を集めています。