ニキビのできる男と女の体の違い

男性と女性では、体の作りが違います。

 

生活習慣も違いますのでニキビの原因は違いますし、
ケアするための方法もそれに合わせて変わってきます。

 

男の肌は脂でギトギト

まず肌の表面的にな大きな違いは、男性は脂性肌と呼ばれるオイリー肌が本質的に多いということ。
この事に、大きく関わっているのが、男性ホルモンです。

 

女性にもある男性ホルモンですが、もちろん男性の体内ではより活発に働き、
男性らしい体や性質を作るのに大きな役割をはたしています。

 

 

この男性ホルモンが皮脂の分泌を促すために、男性の肌には過剰に皮脂が分泌され、
テカったり、べたついた肌になりやすいのです。

 

もともと女性に比べると男性の皮脂の分泌量は2.5倍にもなると言われています。
それなのに、ニキビの発生にそれ程の男女差がないのにも理由があります。

 

男性は女性と比べると毛穴自体が大きいので皮脂が詰まりにくいのです。
しかし、大きな毛穴でも排出しきれない程に皮脂の分泌が多く、ニキビができてしまうのが男性なのです。

 

ひげの存在

男性と女性の顔を見比べて、肌質以上にひと目で違いが分かるのがひげの存在ですね。

 

ひげ剃りは、間違いなく肌を傷つける行為である上に、
毎日の習慣ですので、女性と比べると、肌の健康関しては大きなマイナス要因といえます。

 

衛生的でないシェーバーやカミソリを肌に当てて傷つける事で、雑菌がニキビや炎症を引き起こすのです。

 

スキンケアへの意識

女性と比べれば、化粧をしない為に、
直接化粧品から影響される肌トラブルとは縁がないのも男性です。

 

しかし、その分女性と比べれば肌をよく観察する時間は少なく、
肌のケアに対する意識が低いというのも男性に一般的に言えることではないでしょうか。

 

このコラムを読んでいただいている男性の皆さんは、多少なりとも自分の肌を気にしているはずですね。
肌はケアの有無により、良くも悪くもなるものですから、一層意識を高めていきましょう。

 

最近は男性でもエステに通ったり、男性向けのスキンケア用品もかなり選べるようになってきましたので、
昔と比べるとスキンケアの意識は明らかに高まってはいます。

 

ケア方法を学ぶだけでなく、これまで以上に意識的に自分の肌をよく観察することをまず忘れずに、
それに合わせた適切なケアを実践するのが大切です。

 

ストレスだらけの男の仕事

そして、男性に重くのしかかってくるのが仕事でのストレスです!

 

役に立たない上司、なかなか首を縦に振らない取引先、迫る締め切り・・・
そんな仕事のストレスへの耐性を持たせるのも男性ホルモンなのです。

 

仕事でのストレスは戦う意識を高める男性ホルモンの過剰な分泌を促し、
皮脂を過剰に分泌させ、やはりニキビにつながってしまうというわけです。

 

ストレス発散が出来る生活習慣を心がけ、仕事ができて、肌のキレイな男になりましょう。