思春期の男ニキビはこれが原因

男女問わず、思春期はニキビが誰にでも現れやすい時期です。

 

「青春のシンボル」とか「大人になれば自然に治る」とかの気休めを言われたところで、
悩んでいる本人には今が一番大事な時期なのですから、納得できるわけがありません。

 

 

また、そんな言葉に甘えてケアを怠ることで、
大人になってニキビは治っても凸凹のニキビ跡は長いこと残ることになりますので、
しっかりと意識して丁寧に対策を行っていきましょう。

 

大人への階段「成長期が」ニキビにつながる

思春期の男ニキビは、第二次成長が深く関係しています。

 

男性らしい体に育っていく時期、
体の中では男性ホルモンの働きが活発化するため、皮脂の分泌量が必要以上に増え始めます。
男性ホルモンとニキビの関係はコチラ

 

すると、毛穴からうまく排出できる限界を超えて皮脂が作られることで、
毛穴が詰まり出し、皮膚の常在菌が引き起こすトラブルの原因となるのです。

 

この時期の男性ホルモンの分泌バランスの多さは、
大人になる過程では避けては通れない道ですから、根本原因を取り除くことは不可能です。

 

しかし、原因はシンプルにわかっているので、大人ニキビよりも対処しやすいのも事実です。

 

 

過剰に分泌される皮脂が原因

思春期ニキビが出来てしまうのは、
過剰に分泌される皮脂が原因なので、一番重要なポイントは「洗顔」にあるからです。

 

ニキビを改善する洗顔は、洗い過ぎないことが大事。
若い男性は元気がいっぱいですから、何でも勢いで過剰にこなしがちです。
洗顔にしても脂が出るなら、出る分だけ洗い落とせばよいと単純に考えがちです。

 

 

皮脂は肌を外部の刺激から守る大切なバリアー決して落としすぎてはいけません。
皮脂を落としすぎることで、肌は乾燥し過ぎる状態になります。

 

 

すると、肌を守るために、新たに皮脂を多量に作り出すのが人間の体の仕組みなのです。
これではいたちごっこですよね。

 

肌を守られた状態に保ち、第二次性徴に由来する皮脂の分泌以上の皮脂を出さない為には、
適切な洗顔と、その後の保湿により肌のバランスを保つことが可能なのです。

 

具体的な洗顔方法は『男の正しい洗顔法』で解説いたしますが、
まずは「絶対に皮脂を落とし過ぎない」と覚えましょう。

 

 

大人ニキビは原因が複雑

大人ニキビの場合には原因が多種多様です。
不規則な生活でのホルモンバランスの乱れによる思春期のような皮脂の過剰な分泌もあります。

 

しかし、皮脂の分泌は少なくても、生活習慣の乱れなどにより肌と毛穴の周囲が硬くなり、
少ない皮脂でも排出されにくくなるのが原因となることが多いのです。

 

どちらにしても、生活習慣と密接に関わるトラブルですので、解決策を絞ることが難しいですね。