間違いだらけの男性流ニキビケア

女性と比べると、凝り性な男性は、肌ケアに対してもやり過ぎの傾向があります。
バランスを取るのがどちらかと言えば苦手なんですね。

 

ニキビが出来るのは、皮脂の分泌量と毛穴の健康度とのバランスです。
このバランスを崩しがちな、男性によく見られる習慣をあげてみましょう。

 

やり過ぎがちな男の肌ケア習慣

 

一日に何度も洗顔する

洗顔のし過ぎは、全く肌にとっていい事はありません。
皮脂は肌を護る大切な要素なのです。

 

皮脂を落とし過ぎる事で、肌の乾燥を招きトラブルの要因となります。

 

また、皮脂腺自体もさらに活発に働くことになり、
洗っても洗ってもいたちごっこで脂まみれになるのです。洗顔は朝夕の2回で十分です。

 

 

究極のサッパリ感を求めてゴシゴシと洗う

回数だけでなく、男性がやりがちなのが手に力をこめて一生懸命に顔を洗ってしまうこと。
スキンケアの基本として、皮膚への摩擦は基本的にはNGです。

 

昔は乾布摩擦がもてはやされ、そのことが体を強くする等と言われていました。
しかし、体の耐性は高まるかもしれませんが、
皮膚の表面のトラブルの元になるのは間違いないでしょう。

 

 

必要な皮脂を落とした無防備な肌にさらに刺激を与えることは、
肌の正常な機能を高めることにはならないのです。

 

 

また、手でのゴシゴシ洗いをしなかったとしても、スクラブ入りの洗顔料は肌を傷つけ、
傷ついた肌を護るために皮脂が余計に分泌され、ニキビを増やす要因となります。

 

 

ニキビが出来たらトコトン潰す

これは、一概には間違っているといえない部分です。

 

ニキビが皮脂が毛穴の詰まることによるものなので、
上手く膿が取り出せるならばニキビは早く治るのです。

 

しかし、出ないニキビを押しだすことで皮膚の奥に圧がかかり更に炎症を起こす危険性があります。
また、穴がしっかりとふさがっている状態で押し出すと、

 

毛穴回りの炎症を起こしている皮膚を傷つけて、
何年も凸凹が残るようになってしまう可能性もあるのです。

 

 

むやみに潰すことは避け、ニキビができるメカニズムをしっかりと知った上で、
自分の肌をよく観察し、丁寧に対処していくことが必要なのです。

 

 

あぶらとり紙や洗顔シートを多用する

人に会う直前に洗顔シートを使って顔を拭く方は多いと思いますが、
押さえるように優しく拭うようにして下さい。

 

 

顔をこすらないのは最優先の課題です。

 

同じように、居酒屋のお絞りで顔を拭くのは男性にのみ許された至福の時ですが、
決してこすってはいけません。

 

肌のケアで大事なのは観察

スキンケアと聞くとちょっと抵抗がある男性は、
やはり肌に対する意識が低く、ちょっと聞きかじった情報に頼るしかなありません。
そのために、間違ったケアで肌の健康を損ねがちです。

 

 

スキンケアに限らず、一つの事にに思い入れを持つと、トコトンつっこんで行くのが男の性質。
間違ったケア方法をたまたま信じたために、どこまでもそれを実践し、
取り返しのつかないトラブルに発展してしまうのは男性の方が多いでしょう。

 

また、女性と比べると鏡に向かう時間が短いために、
自分の肌の観察力が弱く、問題が起きても気にせずに走り続ける傾向があります。

 

 

肌は新陳代謝を繰り返して、日々変わっていくものです。
取り返しのつかないトラブルになる前に、しっかりと自分の肌を観察することを習慣づけましょう。