汚れを落としきるのが洗顔ではありません

何をやるにしても、究極のゴールに向かっていくのが性質である男性にとって、
顔を洗うとなったら何が何でも洗い切りたくなるものです。

 

ですがゴシゴシと音を立てそうなぐらいにサッパリと洗いきるのは、
肌の健康を求める上では明らかに間違っています。

 

 

肌自体は自分の力で健康になる働きが備わっており、
その力を引き出すのが正しい洗顔である事を理解して下さい。

 

摩擦をかけて肌をこする事で、必要な皮脂は奪われ、肌は乾燥し、固くなってしまいます。
すると肌は自らを護ろうとする作用が過剰に働き、より多くの皮脂が分泌されるだけでなく、
毛穴が固くなっているために上手く排出されないため、さらにニキビを酷くしてしまうのです。

 

正しい洗顔がニキビケアの最初のステップ

正しいスキンケアとは洗顔に始まり、洗顔に終わると言っても良いでしょう。
正しい洗顔方法は、肌の自助力を正常に働くようにします。

 

そんな洗顔が出来た上で、それでも出てくるトラブルに対して対処することが、
健康な肌を保つ正しいステップとなります。

 

具体的な理想の洗顔は、肌をこすらずに、汚れだけを落とすことです。
その為の洗顔方法にはいくつかの注意点があります。

 

肌を育てる洗顔法

手を洗う

 

汚れがあると石鹸の泡が細かく立ちません。
手を洗うことで、雑菌が顔に移らないようにすると同時に、石鹸の泡が立ちやすくなります。

 

ぬるま湯ですすぐ

 

毛穴を柔らかくして汚れを落としやすくするためには、
ぬるま湯で肌を温めてゆるめることが必要です。

 

ただし、温か過ぎるのは避けなければいけません。

 

皮脂は34度程度で溶け出してしまうので、それを超える温度で洗うと、
正常な皮脂が流れ出てしまうのです。

 

泡立ネットで細かい泡を立てる

泡立ネットは100均ショップでも売っています。

 

細かくて柔らかいみかんネットのような物なのですが、
これをぬらして石鹸を適量つけ、手でゴシゴシすると、瞬時にクリーミーな泡ができ上がります。

 

指が顔に触れないように洗う

ふわふわの泡が出来たら、それを顔に載せます。
そして指の腹で円を描きながら顔全体に広げて行きます。

 

この時に指で顔を押したり、こすったりしてはいけません。
あくまでも泡を転がしながら広げるようなイメージです。

 

ゴシゴシと洗っている方からすると、洗っているとは思えない状態ですが、
これで十分汚れは落ちるのです。

 

小鼻の脇等の汚れや余計な脂が溜まり易い部分は指の先で
「軽く」マッサージするようなイメージで洗って行きます。

 

 

もちろん、長時間石鹸を顔に付けておけば、必要な皮脂が流れてしまうので気をつけましょう。
洗い流した後に、顔がつっぱるようであれば、それは皮脂を落としすぎてしまっている目安になります。

 

ぬるま湯でこすらずに洗い流す

ぬるま湯でパシャパシャと優しく石鹸を落とします。
時間をかけてすすぎ残しがない様に丁寧に。

 

洗顔料のすすぎ残しは肌トラブルの原因です。
そして、何度でも言いますが、ここでも決して手で顔をこすってはいけません。

 

押さえるように水分を吸い取る

清潔なタオルを顔に何度も押し当てて水分を取ります。
決して拭いてはいけません。

 

正しい洗顔法でニキビを治していきましょう。

以上が正しい洗顔の基礎になります。
今まで一生懸命こすり洗いしていた方には、「こすらない」という行為は、
洗った気がしないので難しいかもしれません。

 

しかし、今の肌をよく観察した上で、きっちりと正しい洗顔を行えば、
全く肌質が変わることをすぐに実感できるはずです。

 

だまされたと思って1週間はチャレンジしてみましょう。