喫煙・飲酒によるニキビ

喫煙者にみられる独特の顔のことを「スモーカーズフェイス」と呼びます。
深いしわと水分の少ない肌で実年齢よりも老け顔に見える状態ですね。

 

喫煙の習慣は「百害あって一利なし」と言われますが、このように肌にとっても間違いなく悪影響があります。

 

喫煙が引き起こす肌への悪影響

喫煙によるニキビへの悪影響は、活性酸素が過剰に発生する事により炎症が増えること、
血流が少なくなるために肌の新陳代謝が低下するので治癒力が落ち、
治療の効果が現れにくくなること等に現れます。

 

 

活性酸素とは他の細胞を酸化させてしまう不安定な物質のこと。
肌のコラーゲンから電子を奪い破壊してしまうために、
しわなどの老化の原因になると言われています。

 

 

しかし、活性酸素は悪者なだけではなく、体にとって必要なものでもあります。
体外から菌が侵入したときには、白血球はこの活性酸素を多量に放出し、
菌を破壊して、体を護ろうとするのです。

 

しかし、ニキビの炎症時にはその患部に活性酸素が集まってさらに炎症をひどくする原因になります。
そして、タバコにより、余計な活性酸素があることで過剰な炎症を起こし、
周囲の組織を破壊してニキビ跡として残りやすくなってしまうのです。

 

 

タバコの悪影響をカバーする習慣

簡単に言えば、「ニキビを改善したければタバコは止めなさい。」
で終わってしまうのですすが、そう簡単に止められないのがタバコの恐ろしいところ。

 

 

無理に止めてストレスを貯めたり、
食欲が増すことで脂肪分の多い食生活になればニキビは逆に増えてしまいます。
それならば、タバコと付き合いながら少しでも改善したいところですね。

 

 

炎症を酷くする活性酸素を抑えるには、体の中から変えていくことが必要です。
具体的にはビタミンA、C、Eを含む緑黄色野菜を上手に摂取することで少しは抑えることができます。
食事に関しては『ニキビと男の食生活』『心がけたい簡単な食習慣』で詳しく解説いたします。

 

また、喫煙による新陳代謝の低下には適度な運動や、
ぬるま湯でのお風呂の時間をしっかり取ること等である程度改善することができます。

 

つまりは、
「タバコを吸うならば、それ以外の習慣は一般的に健康と言われている生活をしなさい」と言うことです。

 

ただし、それで悪影響を完全に取り除けるわけではないので、
タバコを止めるに越したことがないのは言うまでもありません。

 

 

飲酒は良いのか悪いのか

それでは飲酒は肌にどんな影響を与えるのでしょうか。
血流を悪くする喫煙とは逆に、飲酒は血流を増やします。

 

飲みすぎは当然アウトですが、適度な飲酒習慣は新陳代謝を活発にし、健康には良いというのは定説ですね。
しかし、血流が増えすぎると喫煙と同じく活性酸素が発生することになるのです。
つまり、ニキビが悪化して炎症を起こしているときには、飲酒は控えた方がいいということです。

 

 

どちらにしても、ニキビの原因となる生活習慣は簡単に改善できればいいのですが、難しいのも事実です。
体に与える影響と原因をよく知り、自分の体を丁寧に観察しながら向き合っていくことが必要となります。
一時的な楽しみと長期的な美と健康を天秤にかけてみてください。