睡眠は量より質でニキビを改善

睡眠は肌の健康と密接に関係しています。
なぜなら睡眠中こそ、肌の細胞の働きが活発になり、新しい皮膚が生み出される時間だからです。

 

睡眠時に作られる新しい皮膚

肌の奥で新しい皮膚細胞が生まれると4週間ほどの時間をかけて、
奥から順に押し上げられてきて表面に上がってきます。
そして、表皮で剥がれ落ちてその役割を終えます。

 

 

この流れを「肌のターンオーバー」と言います。

 

このターンオーバーにより、肌は昼間に蓄積されたダメージを修復していくのです。
このリズムが乱れると、できたての細胞が表皮になって未熟な角質層となったり、
逆に古い角質がはがれずに毛穴の目詰まりを引き起こしたりします。

 

皮膚を作る成長ホルモンが出る条件

このターンオーバーを起こすのが、主に寝ている間に分泌される成長ホルモンなのです。
しかし、この成長ホルモンは眠りさえすれば出るわけではありません。

 

 

同じように寝ていても、深い眠りの「ノンレム睡眠」の時により多く分泌されます。
つまり、ターンオーバーのリズムを乱さないためには、質の高い深い眠りが必要となります。

 

夜更かし気味の現代に生きる男性にとって、質の高い睡眠をとることは、
肌を健康に保つためだけでなく、仕事の質にもつながりますので、意識的に取り組んでいきましょう。

 

深い眠りの為に

寝る前にコーヒーなどからカフェインを採るのは避けなければいけませんが、
間違いがちなのがアルコールとのお付き合いです。

 

少量のアルコールにはリラックス効果があり、眠りに誘う作用があるので寝つきがよくなるのは事実です。
しかし、寝付きはよくなっても睡眠そのものは浅くなり、睡眠の質を下げる問題があるのです。

 

また、習慣化する事で耐性がつき、寝つきの効果さえ弱くなってしまうと、
更に量を飲むことになり、依存症へと向かってしまう可能性もあります。

 

 

深い眠りのために最適な飲み物は「ホットミルク」です。

なぜかと言うと、牛乳に含まれるトリプトファンはセロトニンと呼ばれる脳内物質を作り、
脳が正しく働くようにして眠りの質を上げてくれるからです。

 

また、温かい物を飲む事で心と体のリラックスを促すことにもなります。

 

ホットミルクを飲み、心地よい音楽を静かにかけてリラックスし、
深い眠りにより肌のターンオーバーを促し、健康な肌を作りましょう。