ニキビは潰して大丈夫?

ニキビの治療の中で、常に議論の的になるのが、
潰してももいいのかいけないのかということです。

 

はたして、この答えは・・・と言いますと、一概には言えないというのが実際のところです。

 

ニキビができるる原因を理解し、自分のニキビを観察した上で判断していくことが必要です。
そして、よくわからない場合には、潰さないことをお勧めします。

 

間違って潰すことで、取り返しのつかないクレーター状のニキビ跡につながる可能性はあるからです。
また、潰さなくてもケアすることによって自然と皮脂を排出させることも可能だからです。

 

潰してもいいニキビは初期段階の白ニキビと黒ニキビ

ニキビは毛穴での皮脂の詰まりから始まり、
その皮脂によりアクネ菌を始めとする常在菌が過剰に繁殖することで
炎症が起きる症状です。

 

つまり、溜まった過剰な皮脂を「適切」に取り去ることができれば、
間違いなくニキビの治療にはよいことなのです。

 

「適切」になら潰してもよいニキビは、初期の段階のものに限ります。
ニキビの第一段階は白ニキビ。皮脂と角質が混ざったものが毛穴の中で溜まって肌がふくらんだ状態です。

 

そして、その皮脂が毛穴から少し顔を出し酸素と触れ合って黒くなったのが黒ニキビといわれる状態です。
ここまでの状態であれば、上手に潰すことことが出来ればニキビの改善になります。

 

まだ肌とその奥が炎症を起こして傷んでいないため、ニキビの原因だけを取り除ける可能性があるからです。

 

潰してはいけない赤ニキビ

ところが、この症状が進むと、アクネ菌などの常在菌が過剰に活動して
炎症を起こした赤ニキビや、膿疱や黄ニキビと呼ばれる膿んだ状態になります。

 

この状態は皮膚の細胞が傷んでいますので適切な処置を行わないと跡が残る可能性があります。
ここまで進んでしまった場合には、決して潰してはいけません。

 

それどころか、通常のケアだけでは完治が難しいので皮膚科へ行く事が必要にもなってきます。

 

 

潰すことのリスク

では炎症を起こしていない、白ニキビ、黒ニキビならば絶対に潰した方がいいのでしょうか?

 

最初に述べたように、適切に取り去れるのであれば、その方がよいでしょう。
しかし、もしもニキビを潰そうとして指で押しても、
上手く芯が出てこないという場合は症状を悪化させることになりかねません。

 

溜まった皮脂の塊が繊細な皮膚の深部に向かって刺激を与え、
炎症は悪化することにもなるのです。

 

また、出てこない芯を出すために、皮膚を傷つけて無理に潰そうとすれば・・・
文字通り皮膚が傷つき、跡が残りやすくなりますので、決してやってはいけません。